のせでんアートライン2019 避難訓練

LOCAL PROJECT

未来のBeekeeper(養蜂家)プロジェクト

のせでん沿線の一市三町(能勢町・豊能町・猪名川町・川西市)周辺には多種多彩な生物が生息しています。また山桜や栗、烏山椒をはじめとする蜜源植物も豊富でBeekeeperにとって国内でも有数の恵まれた地域と言えます。このプロジェクトは未来のBeekeeperを探すと同時に、採れたハチミツの販路開拓、ハチミツや蜜蝋を原料とする商品開発などを行うためのメンバーを募り、実践するプロジェクトです。アーティスト、農業家、飲食関係者、研究者、自然愛好家、プランナー、プロデューサーなどBeekeeping(養蜂)に関心のある方の参加をお待ちしています。

Beekeeper 和田隆

ミツバチと付き合い始めて10年。年々その生態の奥行きと広がりに魅了されています。ミツバチの発する音、匂い、動き、表情、などは季節や天候、時間帯でまったく違います。また植物とともに進化してきた歴史もあります。ミツバチの振舞いをつぶさに見つめてミツバチの知っている世界を知りたい。そして自分の思考に異質な価値を組み込みながら膨張したいと思っています。

 

◆プロジェクトチームインタビュー
http://noseden-artline.com/2019/column/noseden-942/

トップへ戻る